薄毛の原因「ストレスによる薄毛」

薄毛用シャンプーランキング

薄毛とストレスの関係性について

ストレスによる薄毛

ストレスが要因で発毛に弊害を与えているということがあります。
ストレスを受けると、血管が収縮するといったことが言われています。
これは、ストレスによって自律神経が緊張するためです。

 

血管が収縮すると、血流が悪くなり、体の末端の毛細血管まで行き届かなくなってしまいます。
発毛に必要なことは、頭皮が健康な状態であること。
それには、頭皮の血流がよくないといけないのです。
毛根に栄養がいきわたらなくなったら、髪の毛は、細くなり、終いにはせっかく生えた髪の毛が成長しないまま抜け落ちてしまったりします。

 

ストレス,薄毛

皮脂の分泌異常

 

また、ストレスには、皮脂の分泌異常も起こります。

皮脂が過剰に分泌すると、毛穴の詰まり、角栓ができてしまいます。すると、髪の毛が生えてこないばかりか、かなもダメージを負ってしまい、正常な発毛サイクルが乱れてきてしまうのです。

 

また、長期間ストレスが続くと、自律神経にも乱れを生じ、円形脱毛症などにかかったり、急激な抜け毛を促進したりということもあります。

 

今の社会でストレスを受けないで生きるのはとてもむずかしいことですが 、できるだけストレスをためない、疲れたときは休む、徹夜は避けるなど、自分にできることから取り組んでいってください。