薄毛の原因としてのタバコのへいがいについて 解説します。

薄毛用シャンプーランキング

薄毛の原因タバコの弊害について

抜け毛の原因「タバコ」

タバコを吸う人は抜け毛にも影響があることをご存知でしょうか。
タバコには、ニコチンが含まれており、喫煙することによって血管を収縮する作用があります。
欠陥の収縮は、血流を悪化させます。

 

髪の毛にとって一番重要なのは、栄養分をちゃんと髪の毛に届けること。
そのためには、頭皮の毛細血管が正常に働いていて、栄養分を届けることができるということが最大の要件となるのです。

 

だから、発毛系のシャンプーは、血行を良くするために頭皮を正常化しようというコンセプトでできていますし、発毛剤は、頭皮をよくしたあとの必要な栄養分を届けようという考え方をしているわけです。

 

薄毛,タバコ

 

ビタミンの不足

また、喫煙の影響でビタミンの不足も懸念されます。
ビタミンCは、皮膚を生成するときに必要不可欠なコラーゲンの生成を助長する働きを持っています。
コラーゲンは、年齢を重ねると体内での生成量が激減し、常に外部から摂取しなければなりませんが、ビタミンが不足するとせっかくコラーゲンをとっていても、体内に正常にいきわたらなくなります。
すると人間の体においてもっと必要な部分、関節ですとか軟骨のほうにコラーゲンがとられてしまい、頭皮まで行きません。結果、頭皮は硬くなり、より髪の毛が生えにくくなってしまうのです。
他にもタバコの弊害はさまざま議論されているところ。
できるだけ喫煙の週間をなくしたほうが、髪の毛にとってはよい環境に近づくのではないでしょうか。