薄毛のシャンプー 育毛効果

薄毛用シャンプーランキング

シャンプーの仕方

シャンプーは毎日行うものです。
だからこそ、正しいやり方で行わないと、数年たった後にダメージが蓄積されていたりしますので、気をつけなければいけません。

 

シャンプーの種類などについては以前の項でふれましたので、ここでは正しいシャンプーの仕方について触れて生きたいと思います。

 

まずは髪の毛をぬらす

シャンプーをする前に軽くブラッシングをして髪のまとまりを解いてください。
その後大切なのが、シャンプーの前に髪の毛を十分にぬらしておくこと。
このことによって、シャンプー時の摩擦を最小限に防げますし、直接髪の毛に刺激のあるシャンプー液が付くことを防ぎます。
しっかりとぬれていれば、シャンプーの量も少なくてすむのです。


洗髪は1分。ツメは立てない

普通のシャンプーを使っている場合は、髪の毛に刺激が強いため、できるだけ髪の毛につけている時間は短くしましょう。
洗髪は1分以内に。
洗うときはゴシゴシとせずに、柔らかく洗ってください。
なお、ツメを立てたりするのは、厳禁です。

 

よく流すことが重要

髪の毛を洗うことよりも気を使わなければいけないのが、よく流すことです。
特にシリコンが入っているシャンプーを使うときには、残ってしまっては大変です。
シャワーで数分流すようにしてください。

 

乾かすときにも注意

ぬれている髪の毛は、ダメージに弱く、強く引っ張る力が働くとすぐに抜けたり切れたりしてしまいます。
洗った後は、タオルでゴシゴシやらずに、押し付けて水分を抜くような感覚でふき取りましょう。
ドライヤーも熱で熱くなりすぎると髪にダメージを残してしまうので気をつけましょう。